レダの「乾燥料理パン」レシピ第2弾 ズッパ ディ チポッラ 

乾燥させたトスカーナパンを使ったメニュー第二弾

「ズッパ ディ チポッラ」(玉ねぎのスープ オーブン焼き)

材料:

玉ねぎ中3個、乾燥パン、水(野菜のブイヨンを使う場合は人参1、玉ねぎ1、セロリ1、イタリアンパセリ茎1)、EXVオリーブオイル、パルメザンチーズ、白ワインコップ半分、
バター少々、塩、胡椒

作り方:

  • 玉ねぎを薄切りにし、たっぷり目のオリーブオイルで炒める
    ※今回は、甘みだしに赤玉ねぎ、より辛味が強い白玉ねぎの2種使用
  • しんなりしたら白ワインをいれる(強火)
  • ワインが飛んだところで、沸騰しているお湯、もしくは野菜ブイヨンを加え
    (肉のブイヨンを使うとよりコクが出る)
    蓋をして、最低で40分は煮る、塩、胡椒を加える
  • 乾燥したパンに、出来上がったスープをかける
  • ヘラでパンを突っついてみて、パンがスープを十分に吸い込んだことを確認
    吸い込んでいない場合は、スープを足してしっかりパンにスープを吸わせる
    ※パンが厚い場合は時間がかかります
  • 上にたっぷりのパルメザンチーズとバターを乗せる
  • オーブン180℃で20分~30分焼く

ズッパディチポッラはいろんなバージョンがあります

出来立てトスカーナパンをト―ストして、このズッパ(スープ)をかけて(オーブンに入れずに)食べる場合は、スープにとろみをつけるといいです。とろみをつけるタイミングは、玉ねぎを炒めた後に、強火にし、小麦粉を大匙1杯~1杯半いれ、手早く混ぜ、ワインを入れます

また薄切りの乾燥パンを使う場合は、ティラミス感覚で、スープ、パルメザンチーズ、パン、を重ねてから、焼きます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひよこ より:

    先日の記事のコメントに書いていただいたように、私は洗濯は石鹸洗濯です。
    覚えてくださってたんですね!
    石鹸といっても粉にはなっていて、水温が20度以上でないと溶けにくいので冬は洗濯機には途中でヤカンで沸かしたお湯をいれてます。漫画家の赤星たみこさんがエコなお掃除、お洗濯の啓蒙?をされてるので興味がありましたら検索されてみてください^_^
    話変わって
    オニオンスープのイタリア版ですね!ご飯でもおいしそうです〜。

    • uty より:

      なるほど。。冬は水冷たいですもんね、、赤星さん検索してみました、面白い!炭酸ソーダ使っていました!初めて聞きました
      いろいろまた見させてもらいます、情報ありがとうございました。
      ズッパディチポッラのパンを冷ご飯にして焼いたら、確かに美味しそう!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。