パスクアのパン

アンギアーリのアグリツーリズモのマンマ・ロレッタから、明日のパスクアの
パニーナ・ジャッラを作ったと写真が送られてきました、(アグリ自家栽培の小麦)
アンギアーリがあるテ―ベレ渓谷地区のパスクア用のパンは、
サフランと干しブドウが入ります

パニーナジャッラ

先日のカセンティーノ地区のマルゲリータのパスクア用のパンは、サフランと干しブドウに加え、胡椒や塩も入っていました

私も今日、パスクア用パン「パニーナ・ウンタ(脂ぎった?パン)」を作りました
(パスクア用のパンはなぜか、作った当日よりも翌日がより美味しいと言われ、何日か連続で食べるのでパサパサになったのを結構皆さん食べています、含む水分が少ないせいか日持ちする)

実際は丸型形成されますが、うちのオーブンの都合、普通の長方形で作りました
材料は、小麦粉、ビール酵母、塩、胡椒、水、リガティーノ(塩漬けしていない生)。

アレッツォのパスクアパンのひとつ「パニーナ・ウンタ」を作ったとアンギアーリの
ロレッタに言ったところ、「なにそれ??」・・・
30km離れただけで、食べてるもの、売っているものが違うんです。

パンに入れたのは、塩漬けしていないパンチェッタでしたが、生地に塩とコショウが入っているので、寝かせている間に肉に塩気とコショウが浸みていくようで、食べると塩漬けパンチェッタを柔らかくしたような食感で、おいしいです~!

パニーナ ウンタ

明日のパスクアは、ラファエラの家では、伝統的なトスカーナの家庭料理
アンティパストはクロスティーニネーリ、プリモは、トルテッリ―二インブロード
セコンドは、茹でた雌鶏だといっていました、ほんとはガランティーヌにしたかったけれど。。と。トルテッリーニはマリオにも手伝ってもらって200個作ったわ!と言ってました

復活祭前のイタリア人マンマは大忙しです

BUONA PASQUA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひよこ より:

    胡椒入りのパンはとってもおいしそう!
    日本の朝ごはん用のパンにもなりそうですね。
    ちなみにリガティーノってなんですか?

    • uty より:

      ひよこさん
      胡椒って、パンでもスナックでもよく合って美味しいです
      すみません、うっかりリガティーノって書いてしまいました、リガティーノ=パンチェッタで
      リガティーノは、トスカーナだけの呼び方でした。ご質問、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。