星付きレストランの味が3ユーロ!

10月の第二日曜日、キャンティクラシコゾーンのど真ん中にある村
VILLA a Sesta (ヴィッラアセスタ)大盛況の祭りへ行ってきました。

Ditunto  (ディトゥント)
      dito unto :脂ぎった指 の略称

指を汚しながら、「指で食べる」をモットーにしたこの祭りには、毎回、ミシュランの星付きレストランが参加しています(49出店数中、7店が星付き、全体の15%程)

ヴィッラアセスタは、ガッロネーロ通りに面した村

3つ折りパンフ表紙(店名記載有)

店の場所地図 (赤いお花の目印が星付きの店)

★チケットの買い方

現地で並んで買うのみです。

開場は11時、開場よりも先に行って、まず並ぶことお勧めです

私は今回11:15着で、すでに車はたくさんでしたし、チケット売り場で20分ほど並びました

システムはこう

5枚の食事券が15€(つまり1食3ユーロ)

3枚食事券とグラスワイン1杯で10€(ワインはハウスワインで1杯1ユーロ)あとは

ちょっとよいワイン2杯・グラス付きと2枚食券で15ユーロとか

早めに並んで早めにチケットをゲットし、まず向かいたいのはミシュランの星つきの店

41番)VILLA A SESTA の村の中にある星付きレストランの
ウズラのもも肉の詰め物とパスタクリーム
うずら肉がしゅわっとほぐれ、中にはほうれん草かなんかが入っていました
クリームがなんとも不思議な味、デリケートで極旨でした
塩気が少なくて、バランスを楽しめました

 

42番)星付きの店
牛肉のタルタルとクミンとへーゼルナッツのマヨネーズ
甘いサクサクのクロスタータにソースと生牛肉とヘーゼルナッツです
塩気がなくて、いや~不思議な組み合わせで旨かった。

 

美味しさは最高と言えど、、少量なのでお腹がすきます

40番)パンとグリーフォ
グリーフォは豚の鼻の部分、アレッツォのグルメで超有名な肉屋さんがきてました
煮込みも指で食べちゃいます!!

周りから、うまい!とたくさん聞こえて来ました、確かにうまかった。

私はアレッツォ在住なのでグリーフォは食べる機会はあるんですが、
ここはシエナ県、シエナの人にとっては珍しい料理のようです

こんな感じで数か所あるチケット売り場は12時半ごろには長蛇の列です

ブドウ畑に面した炭焼き店舗はアブルッツォ州のロスティッチ―ノ(羊肉の焼き鳥)

チケット1枚で串が3本来ます

ピタパン

ワインチケット交換場所も数か所あります、プラスチックのコップで1杯1ユーロ
赤ワインのみ

本日の自分にとっての一番のメインの店に来ました、やはり、並んでいます・・・

サンジミニャーノの若者2人で経営する星付きレストラン

「CUM QUIBUS」という店です、その店へ行ったアレッツォの人の話によると、とてもおいしかったそうで、ひとり予算的には100€って感じだと聞いていました

ジャケット姿で黒トリュフを削っているひとが経営者のお一人です

大量の黒トリュフ~~!今年は

トリュフはイタリア、大豊作!!ポコポコ出ているそうですよ。

10分ほど並んで。。。

ゲットしたのは、温泉卵とペコリーノチーズのムースと黒トリュフ

まっ、美味しかったですが、夏にも別のレストランでほゞ同じもの食べたので

ほんとのところ、ちょっとがっかりでした。。温泉卵とチーズムースとトリュフの組み合わせはちょっと流行中かもしれません。。パンフにこの店のこの一品がmezzovo®となっているので、登録商標?なのかしら??と思いつつ、、、ではあの夏に食べた全く同じ料理は???その店のパクリかい??
(それは置いておいて。。)

揚げ物系は匂いが強いので、4店舗ほど、まとまってちょっと離れた場所にありました

↓ポルケッタ屋さん(お布団を被った豚の鼻に指。。。)

この黒っぽいもの↓がわかめに見えて。。「わかめですか?」と聞いたら

黒キャベツをサクッと揚げたものでした、ドイツ語を話していたような。。。
黒キャベツの他、玉ねぎ酢漬けとひまわりの種とソースを薄いパンの上に乗せていただきました

なかなか美味しかったです

 

29番)こちらもミシュランの星付きのドルチェの店

チョコレート70%ケーキとグレープフルーツのシャーベット

美味しかったです

 

13時を過ぎるころには歩けないくらいたくさんの人

という感じで、我々庶民にとって、ミシュランの星付きレストランはなかなか行く機会はない。。その味をなめる位にちょっとずつ楽しめるってんで毎年大盛況です

ミシュランの店舗は混んでいるので、並ぶもの大変となると、たくさんあるいろんな店のフィンガーフードを楽しむことできます

なにしろ並ばないで食べたいと思ったら11時きっかりに開始、お勧めです

チケット売り場、13時半とかには、もう絶望的な長蛇の列です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひよこ より:

    羊肉の串焼きと、ピタパンと、ポルケッタはゲットしたいですね〜。
    飲めない私でも大丈夫なイベントそうですよね?
    あと、牛肉のタルタルって生肉ですが、うたこさんは食べてもお腹は大丈夫ですか?
    日本人は生の牛肉って食べなれてないので、食べてみたいけど、旅先でお腹こわすかもといつも躊躇して結局食べない私です。。。
    おいしいんだろうなあ。

    • uty より:

      ひよこさん

      確かに!私も旅先だったら食べないかも。ただ、衛生面に関してはイタリアはかなり厳しいので、ちゃんとした店だったら、信用性はあります
      あと、コープで真空のタルタル売っています。これが、なかなかうまいんですよ。あ、こんどブログに書きますね。

  2. sumera より:

    何ここ、天国ですか?
    あまり沢山食べられないのに、色々食べたいという、
    我儘な私にとって、理想郷です。でも、「なめる位」とあるので、
    写真で見るより、実際は小盛りなのかしら。。
    それにしても、「ちょっとよいワイン」、飲んでみたい(笑。

    みんな、お行儀よく行列を作っているようで、平和で何より。
    東京の旬の行列と言えば、築地から移転した、豊洲市場でしょうか。
    引っ越し期間の10/10辺りは、東京の、多くのお寿司屋さんや、
    小売りのお魚屋さんが一斉に臨時休業、面白い風景でした。
    へぇ、ここ美味しくないのに、ちゃんと築地から仕入れてたんだー、
    と、再発見したり(笑。

    • uty より:

      SUMERAさん

      ハイ、お上品盛りです、有名店でないところは腹持ちいい感じの量です。バカラ(たらの塩漬け)のハンバーガーを食べたら潰したジャガイモの味だけでバカラの味がしなかった。。かなり伸ばしたね、ありゃ。。イタリア人、お行儀良すぎてびっくりでした。というか割り込みは周りがガチっと冗談めかして突っ込むからね~!
      私は家に帰ってきてから、冷蔵庫のありもの、ぱくつきました。(ロスティッチ―ナの竹串まで噛みこみそうな勢いだった・・・)
      豊洲市場の行列の様子、ちょうど日本のANNニュースで見ました。食べたくなった~~、生の魚いいなぁ!マグロのセリ、ガラス張りに見られるらしいですね。行ってみたい!東京の台所ですね、そしてイタリア人がTSUKIJIと言っているぐらいもう有名だから、そのうちTOYOSUも定着するでしょうね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。