ブッダボウルとジャパニーズウイスキー 

アレッツォチェントロに DIRTY RAT という今風なバール兼レストランができました

若い(20代)おしゃれなイタリア人兄妹が経営、飲食は若者のセンスですが、
店の内装はシックな感じです!2階があり、ちょっとしたプライベートパーティにも使えるそうです。

土曜のランチ時に寄ってみました

メニューはブッタボウル 、
でブッタボウル(buddha bowl)ってなに??(私は知りませんでした・・)

どうやら数年前からアメリカで流行っているらしいですね。。

注文したのは、ブッタボウルの「香港(丼)」

どんぶりの中に、黒米、ひよこ豆、紫キャベツ、黄色カリフラワー、グリーンピース、サーモンが入ってて、味付けにはお醤油とか恐らく蜂蜜が使われていました

これ、うまかった~~!!しかもヘルシーで日本の女性が好みそうです。新鮮な感覚の食と感じました。
オリーブオイルとバルサミコ酢ともよく合ってて!

こっち↓はブッタボウル「ニューヨーク」

ファッロか麦(?)、紫キャベツ、焼いたパンチェッタ、アボカド、トマト、チェダーチーズ、ごま、マヨネーズ味 、これもなかなかうまかったです

そして、

このお店ではジャパニーズウイスキーを取り揃えています!!

お兄ちゃんが日本産のウイスキーが好きらしく、ネットで買い揃えているそうです。
日本産のウイスキーブームはアレッツォにまで!勢いあります。

しかも、品揃えが、豊富!

値段札は、1杯の値段。響や山崎より、余市が高い???🤨

↓上段、左から2番目、「ジン」と日本語で書いたジンはイギリス産だそうです

日本でも見たことなかった「コスモ」というジャパニーズウイスキーを頂きました

日本のウイスキーの味!!でした。

ランチの際、ブッタボウルとあわせたお酒は

クレマン・ド・ブルゴーニュ。シャンパーニュではない、フランスの瓶内2次発酵のスパークリングワイン。この辺の店では、まず見かけることがないので驚きでした

若い兄妹の今風なセンスの良さ、ちょっと普通と違った嗜好には好感!
是非、頑張って欲しい!!
この店は、アレッツォのサンフランチェスコ教会の近く、カブール通りに面しています

日本のウイスキーは、で、「でるの?」と聞いてみました。(おばちゃんの突っ込み)

そうでもないと言っていましたがアレッツォでも是非、流行らせたいそうです

ブッタボウルも併せておすすめ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sumera より:

    こりゃまた突っ込み所満載のブログですね。
    なるべく長くならないように、コメントしなくては(笑。

    ブッダボウル、私も知りませんでした(カフェとかあまり行かないので・・・)。
    ジャパニーズウイスキーといい、高度なアンテナを持っているご兄妹ですね。

    さてさて、肝腎のウイスキーについて・・・。
    お店のお兄さんはご存じだと思いますが、
    今、ジャパニーズウイスキーは大変な危機状態にあります。
    原酒が枯渇しており、スルスル価格が上がったと思ったら、
    現在製造自体中止しているブランドも(白州12年、響12年等)。
    再販は未定で、この先、価格が下がることはないと予想されます。
    なので、彼の目の付け所は、大変正しいと思います(ワインより管理が楽だしね)。

    私は、しっかり日本に住んでいる、ごく普通の日本人ですが、
    昨今のジャパニーズウイスキーの高騰から、
    スーパーで見ないふりして、スコッチウイスキーを愛飲しています。
    ボウモアがいいよね~、なんて言うと、カッコイイですが、
    あのピート香(=正露丸の匂い)がどうしても苦手で、
    マッカランに落ち着くという、やわな、つまんない奴です。

    ジャパニーズウイスキーの憧れは、イチローズモルト(の葉っぱのラベル)。
    軽く万越えなので、飲んだことないですが(高いものは40万越え( ;∀;))、
    お店のお兄さんも、きっと手に入れたいウイズキーだと思います。

    クレマンドブルゴーニュは、いいですよねー。
    大して旨くない大手メゾンのシャンパーニュを飲むなら、クレマンの方がいいくらい。
    泡のクリーミなボリュームといい、繊細な香りといい、
    十分、シャンパーニュに対抗できますよね。
    ただ、ブルゴーニュなので、畑の差が如実に味わいとして反映されるので、
    自分好みの味わいを探すのが大変、いや、酒飲みには楽しみか(‘-‘*)
    またお店で見かけたら、色々試してクレマン。

    ダメだ、止まんない。他の方に迷惑がかかるので、この辺でドロン(昭和)。

    • uty より:

      ドロンなんて。。スナック帰りの酔っ払い親父か。。ってほど新鮮でした。

      白州と響の12年物、製造中止なんですか。これまた投資の価値ありそうですが、なんだかすごいことになっていますね
      私は普通のシングルモルトの竹鶴が好きなんですが、ここ2年以上、日本のスーパーで見ないですもんね。。
      ボウモアですか、うまそうだ!また、探してみよう!私はピート香、すき!
      イチローズモルト、実はスマホでお兄ちゃんに見せました。メモってました。
      モルトとグレーンのホワイトラベルはなんとか手が出そうなので日本へ行ったら、ちょっと買ってみよっかなとは考えていました。
      クレマンドブルゴーニュ、お~~さすが通ですなぁ!確かに繊細な香りで泡もきれいでした。
      でも、これを飲んだ感想としては、私は、フランチャコルタのほうが好きかも。でした
      なるほど、ブルゴーニュってそんなに違うんですね。いや~フランスの畑、勉強したくなります。
      そして、その差が判るようになりたい!!

      子供のころ、父ちゃんのウイスキーを買いに行かされたあの時代、すでに日本のウイスキーって美味しかったんですよね
      私たちは、だるま、ローヤル、ホワイト、ブラックニッカ、いろんな時代のボトルを見てきましたね。

  2. ひよこ より:

    私は香港どんぶりを食べてみたいですね^_^
    好きなものばかり入ってますからね〜。
    ほんとに今、日本はウィスキーがありません。近年稀にみるウィスキーブームで、メーカー側もまさかここまでのブームになるとは予想外だったようです。
    日本最初にでウィスキーを作った日本人のことがNHKの朝ドラになるわ、外国人が買うわ、日本でもおじさんが飲むイメージがなくなるわ、で人気がうなぎ登りでした〜。
    ちょっと違うかもですが、本醸造のみりんは、ウィスキーの味がしますよ!
    三河のみりんとか。
    私はこれで酔えます^_^

    • uty より:

      すごい!みりんでウイスキー。初耳です、甘みのある料理こっちではまず食べないのでみりんって買ってきたことないんですが、でもそのみりん、興味津々です。

  3. sumera より:

    訂正です。
    販売休止は、響“17”年でした。
    また、他にも誤字が見つかり、
    何とも情けなくて、昨晩は一睡もできませんでした(嘘)。

    サントリーオールド、今考えると、斬新なボトルデザインですね。
    サントリーウイスキーのCM、ハイレベルで好きだったなー。
    体育祭の仮装競争で、このCMを真似したら、
    大絶賛だったの、思い出しました。私が演技監督だったの(笑。

    https://www.youtube.com/watch?v=aWo1aNdn6fQ

    https://www.youtube.com/watch?v=hy-z421FwGQ

    フランスウイスキーも面白そうですぜ。
    ソーテルヌ樽で造るシャンパーニュ地方のウイスキー、ご存じ?
    飲んでみたい。
    UTAKOさんには、アルザスのこだわりウイスキー、ラック・ホールが合いそう。

    ウイスキー熱、再燃しそうだよ。やばい。。

    • uty より:

      ご丁寧に訂正ありがとうございました。
      すっごいかっこいいCM!!!、なんだか思い出しました。フェデリコ・フェリー二っぽい空気~~、音楽もミステリアスでいいわ。
      超ハイレベルな仮装競争だったんですね。それを絶賛する同年代の学生。いいですね~~。
      フランスもウイスキーあるんですか、カルバドスは値段も手が出るし、味が好きで時々、飲みますけれど。(私的には青森県で造って欲しいカルヴァドス)
      SUMERAさん、フランス、詳しいわ~!
      ( ..)φメモメモ。。まずは、ボウモアから探してみます。(お値段とお財布と相談ですがね~~)

  4. ひよこ より:

    http://www.mikawamirin.com/index.php
    ↑↑↑
    こちらが三河のみりんです。
    みりん風調味料ではなく、ほんとのみりんです^_^

    • uty より:

      TENC IU (サンキューのイタリア語風。。)
      ほんとのみりん、ですね、了解です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。