大ブーム!イタリアのクラフトビール工房数10年で535%増し

ここ数年、地ビールが増えたなぁと感じでいましたが、工房数10年間で

なんと、535%増しだそうです

2008年の113 → 2017年には718になったとか。

工房は、MICROBIRRIFICIO(ミクロビッリフィーチョ)といって、

1人とか2人の少人数経営が殆どの様子。

この手の職人ビールの大きな特徴は、ふたつ

①ノンフィルター ②殺菌しない 

酵母をはじめ、原材料にこだわりを持っていることはもちろんのこと、

香りづけや味に工夫がされています。

アーティーチョークだとか、赤チコリだとか、オレンジだとか・・・

その土地にちなんだ味付けも。。。先日お伝えした栗の産地カプレーゼミケランジェロ村で

は、フェデリコの栗はちみつを加えて

いとこが栗蜂蜜入り地ビールを造っていますし。

トスカーナだけでもこんなにあります → こちらに生産者リスト

何度もいろんなお祭りで飲んでいますが、味のレベルも高いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひよこ より:

    アルコール類は一切飲めない私ですが、栗はちみつやオレンジがあるなら試してみたいです。日本のビールは私には苦くて飲めないので、オレンジとかならカクテルみたい?なんでしょうか?

    • uty より:

      カクテルまではいかなくて、風味づけは少し感じる程度が殆どと思います。。でも工場製造のビールとは全く違うので
      飲めるかも。。発泡感が自然ですし、お腹が張らない。美味しい水を使っているので、のど越しもす~っとしています。かといって
      味が薄い訳ではなく。食事共、よく合います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。