猫は何匹??

昨日の夕方・・・

家の台所の窓から見えたねこちゃんたち。

さて、何匹いるでしょうか?(道路は水道管掘りおこしでつぎはぎ、ボロボロ・・・)

答えは・・・・

8匹でした~~。

クロネコが前を横ぎると縁起が悪いというイタリア。。

うちの周りは黒猫だらけです。

私の住む村では、村在住のロ―カルなお笑い芸人さんの発案で、

「家々の外壁をカラフルにして、それを売りにしてに、村を通過する旅行者にも喜んでもらおう!」と春ごろにワッツアップを使って、グループが出来上がりました

夏の夜、俗称「フライパン広場」で自分主演のお笑い演芸会をやるのが彼の目的でした。

老人たちはみんなで何かやることに比較的賛成なので、盛り上がりましたが、働く世代の人たちは「俺は嫌だ、どギツイ色の家並みなんて!!」と結局アイデアは崩れ去りましたが。。。

晩夏(1か月前)、きょっ・・きょっ・・教会の住居部分が、、「紫色」いや、よく言ってラベンダー色に変わりました。。

ラベンダー色の外壁。。今年90歳の司祭さまとたちばなし。。

「いい色だろ~~」というので「いい色ですね~~」とわたしも返答

お向かいさんのおばあちゃんの家が、、、最近、真っ黄色に。。薄いクリーム色ではなく

「(私)いい色ですね~~」、「(おばあちゃん)でしょ~~、新しくすることは必要なのよ!」とのこと。

「村カラー計画」はポシャったはずではなかったのか???

強く反対している人たちも多いので無理だとは思いますが。。

ちょっとずつ色がついてきています。。来年の夏までにどうなることやら。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひよこ より:

    高齢者の方が斬新で柔軟な感じですね!
    そのうち、どこかの港町みたいにほんとにカラフルになったら、私の家は何色よ、と来客に伝えやすいですね^_^
    。。。。。
    むべさんへ
    タカコ、半沢、メロジーさんの本は、私も随分前にですが読みました!何冊か出されてますがほとんど読みましたよ。最近のは知らないのですが。今は、ブログもされてますよ。
    タカコ、メロジー、で検索されたらヒットします。
    。。。。。
    うたこさんへ
    むべさんへのメッセージにこちらのコメント欄を使わせていただきました。
    ありがとうございました😊

    • uty より:

      確かに!カラフルハウス、伝えるにはいいですね!でもさ。。強制的に嫌いな色にもされそうな勢いだったんですよ、春に話があったとき。。。
      モンタージュ写真でうちが、、イタリアサッカーチームのアズーロ色してたんだから。。。びっくりしましたよ~。
      半沢メロジーさんは、ブログあるんですね、今度是非見てみます。いつも情報、ありがとうございます。

  2. sumera より:

    お集まりの皆様、UTAKO邸を見ている・・・もしや、ディディ嬢のしもべ?
    ・・・それにしても、いくらネコ好きだって、皆様全てをお世話出来ないし、
    ちょっと微妙な情景ですね。。この子たちって、地域猫?
    それとも、アウトドアをエンジョイ(=ノラ)しているの?

    お笑い芸人さんの個人的な野望に、
    影響力の強い司祭様が乗っかっちゃうなんて・・・。
    自分の家の外壁は、自分で決めたいですよねぇ
    (本当は、お向かいさんも、普通であって欲しい・・・)。
    もし、強要させられそうになったら、
    「透明を選びます、どんな色かは、ご自身の心の眼でご判断下さい」
    と、やんわりと、断固拒否して下さいね。頑張れ!

    azzurroの家なんて、この家の女性はtifosa! なんて噂が広まって、
    トスカーナ中のtifosiの溜まり場になっちゃったり・・・
    いやー恐ろしいです(゚ー゚;A
    集まるのは、ネコだけで十分。因みに、この芸人さんのネタは面白いのですか?

    • uty より:

      SUMERAさん

      アウトドアエンジョイ地域猫だと思うんだけれど。。。

      そうなんですよ、村のカトリック教徒さんたち、なんも言わなかったのか?訊きたいところですが、、波風立てたくないのできけない。。
      お笑い芸人見られます、arezzo pennaとyoutubeに入れてくれれば、出てきますが。。。そんなの見るほど暇じゃないよね~~・・・
      アレッツォの老舗メガネ屋のコマーシャルで、アレッツォ方言バリバリのキノコ狩りに出かけた二人、、一人はメガネのおかげでたくさんきのこを見つけるというストーリー、髪の長いほう(キノコが見えないメガネのおっさん)が村の「カラー計画発案者」です。

      面白いか?ですが、方言がどぎつい、笑いのツボ不明。もあり、私には難しいです。日本のお笑いも今は全然わからないし、ひょうきん族を見ていた時代(青森県は都会よりも数か月遅れて放送されていた、日本で時差笑い・・)が懐かしい~。

  3. sumera より:

    暇なので、youtubeで見ましたよ、il Penna。
    コテコテな感じですね。。うーん、イタリア語、随分忘れちゃって、
    細かい部分は理解出来なかったけど、
    UTAKOさんのタイプじゃなさそうって事はわかった(笑。
    そして、押しが強そうな彼と闘うのは、かなり大変そうって事も、わかった。。

    オレたちひょうきん族、懐かしー。
    ひょうきん懺悔室(神様、覚えてる?)からのEPOのエンディング(『DOWN TOWN』)、
    好きだったなー。何だったんだろう、あの頃の幸せな空気感って。
    良い時代でしたね(‘-‘*)

    • uty より:

      ペンナさんのビデオ、ご覧くださって、ありがとうございました、私の気持ち、書いてもらった、そのとおりです。
      懺悔室覚えていますとも。強烈な表情だったもん。いい空気の時代でしたね。パソコンもスマホもなかったし。(なかったけれど?)

  4. むべ より:

    私もこんな村の住人だったらなって 想像して、・・・お年寄りが幸せそうですね。
    芸人さんは カラフルな街に閃いた! でも嫌な色が 目の前にあったら 笑えないかな。
    路地裏 生活感があって いいですね。猫 10匹かなと思ったです!

    〜〜〜〜(うたこさん ここをお借りしますね。)
    ひよこさんへ
    タカコ半沢メロジーさんの本、ブログ 教えてくださってありがとうございます!!
    親切な友人が 古本を沢山持ってきてくださり その中のこの文庫本に 断然感動しました。
    台所事情というのが 面白かったです。ブログ 検索してみますね。
    ひよこさんのコメントに 気がつくのが遅かったのですけど とても嬉しいです。
    人生浪花節だよ おっかさんって、そんな歌がありましたよね〜〜。イタリアと皆さんのコメントに 夜空を飛び 遠い旅をしながら 寝ます。zzzzzzz😸

    • uty より:

      むべさん

      ハリケーン被害は、大丈夫でしたでしょうか?

      私の住む村は、お祖母ちゃんばかりなんです。(おじいちゃんはみなさん亡くなっている・・・)先日書いたお向かいの黄色の家にしたおばあちゃn
      数か月前にやはり旦那さんが亡くなって。。でも前よりも声がはつらつとして、交流ベンチにも良く座っておしゃべりしているし、
      しかもスリムパンツを履くようになった・・・
      ちなみに私はこの村の複数のばーちゃんたちに「ラビ―ナ(洗濯女?)」「ラボラトーラ(よく働く女)」と声かけられます。。。意味不明なのですが。。
      日本人の名前は最初から覚える気はないでしょうから、洗濯女で結構と思って。そして、アッスンタという村長的な、ばあちゃんがいます、村での困りごと
      や相談、なんでもみんなそのお祖母ちゃんを頼りに家に人が出入りしています。86歳でしっかりしたひとです
      長々と失礼しました。タカコ半沢メロジーさんの本、益々読んでみたくなりました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。