モンテプルチャーノでノービレ(DOCG)をたっくさんティスティング!

DOCGのヴィーノノービレディモンテプルチャーノをいろいろ味わいたい、でも時間が限られてるというとき、お勧めな場所がこちら 

モンテプルチャーノのグランデ広場から歩いて3分ほどの要塞の中にあるエノテカ、100種類ほどテイスティングできるらしいです。(実際、このエノテカに行きテイスティング用のワインの数には驚きました、100あるかは数えていませんがサイトにはそう書かれています)

バーチャルな感じでエノテカの内部を見る  こちら

たっくさんテイスティングした後は、、徒歩でワイナリー見学も(場所によっては要予約かも・・)

①  デリッチ  見ごたえありなワイナリー
https://www.cantinadericci.it/

⓶ クロチアーニ(要塞から徒歩3分)  
http://www.crociani.it/

③ コントゥッチ  グランデ広場から街へ降りていく道沿いに面していて、扉がいつも開いていて入りやすい
https://www.contucci.it/it/

④タローサ 
https://www.talosa.it/  

モンタルチーノも要塞の中にエノテカありますが、ワイナリーは車で出かけないと見られないです、その点、
モンテプルチャーノはまとまってて、少ない時間で徒歩でのワイン観光にはいい感じです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sumera より:

    最近は、モンテプルチャーノも攻めてますね。
    事前にお願いすれば、UTAKOさんにガイドしてもらえるのかしら。

    以前にも書きましたが、
    モンテプルチャーノは日本人の口に合うと思うのに、
    トスカーナだと、どうしてもブルネッロに目が行っちゃうのか、
    いまいち人気がありません。勿体ない。

    私はモンテプルチャーノに、
    ブルゴーニュ的うま味を感じるのだよ。

    日本のイタリアンに、モンテプルチャーノが
    必ずオンリストされている事が、私の夢です(‘-‘*)

    しかし、日本でモンテプルチャーノよりもっと日陰のDOCGは、カルミニャーノ。
    ここは、サンジョヴェーネにカベソーがブレンドされているから、
    いい年なら、長期熟成で激ウマに化けるよね、きっと。
    お安いのに、ポテンシャル高いと思うんだけどなー。

    • uty より:

      ワイナリーのご案内させていただきます~、
      モンテプルチャーノ、お気付きのようにわたし、アンテプリマに行ってから気になる存在。。。
      ブルゴーニュ的うま味ですか!いいですね~。料理にも合わせやすいし、飽きない。
      げっ。。カルミニャーノ知らんかった。。(トスカーナなのに。。)
      DOCGにそれあったんだ。。、勉強しなくちゃ。。

  2. ひよこ より:

    モンテプルチャーノはアレッツォからだと行きやすいですか?
    バスで日帰りとかできたらいいなあ(^_^)V

    • uty より:

      ひよこさん
      重要なところ突いてくださいましてグラッチェ!!
      アレッツォからはちょっと行きにくい。。。シエナとかフィレンツェのほうがいいです
      問題はモンテプルチャーノの駅と街が離れていること。。
      そしてその間のバスが多くなかった気がします。
      私の今年のひとつの目標!アレッツォからシナルンガというところまでローカル線で行って(自転車e-bikeを電車に乗せる)、
      そこから自転車(e-bike)でモンプルまで!!実現したら報告します!!

  3. ひよこ より:

    ということは、、、
    確か、アレッツォからシエナはバスで1本で行けたはずだから、アレッツォ→シエナ→モンテプルチャーノだったら日帰りも可能かも!?しかも、イタリア小都市巡り初心者でも行きやすいかも!?
    歌子さんのジーロ ディ モンテプルチャーノ オリジナーレ←変なイタリア語になってしまいましたが、楽しみにしてますね^_^

    • uty より:

      ひよこさん
      アレッツォからシエナ経由でバスでモンテプルチャーノへ行く方法、実際調べて掲載します!
      ありがとうございます。
      昨日は快晴で、自転車日和。前にお伝えしたキアナ渓谷の自転車と歩行者用の道路、
      往復で54km走りましたよ~!!フォイアーノというところまで行きました。
      モンプル、電車に乗せないでアレッツォから自転車で往復する日も遠くない??

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。